LCCの飛行機が遅延してHP通りの時間に空港に行ったら乗り遅れた!

こんばんはKAOです。

いつかやるだろうなと思っていたのだけれど、飛行機にはじめて乗り遅れました。
寝坊とかなら笑い話なのですが、今回は少し腑に落ちません。まぁ私が悪いのですが(苦笑)。
bye bye airplane私が利用したのはLCCで、強いて言えば国内便だったことがラッキーでした。
海外だったら、もっと大変だったろうと思うと日本でやらかしてよかったです。
こんなこともあるんだなという、参考程度に書きたいと思います。
ほぼ愚痴です(笑)。

朝、空港に行く前に航空会社のHPを見てみたら飛行機が遅延していて3時間ほど遅れていたので、その時間に合わせて空港に行ったらチェックインカウンターがきれいに閉じられていて飛行機に乗り遅れました。
どういうことだ?と思い掲示板をみるとネットの時間から30分早まっていました
朝HPの時間を見たときにまさかこの時間変えたりしないよな、と思っていたのですが変わりました。
1時間前にネットで確認した時も朝みた時間通りだったのに。
なんとも悔しいです。
ちなみにLCC側からは遅延の連絡もなにもきていません。
おそらく他の方は時間通りに空港へきて遅延のことをしり空港で時間を潰して飛行機に乗ったのだと思います。
それが正しいと思います。なぜ気まぐれにHPをみてしまったのか。
けれども私以外にも乗り遅れた人はいたので、いつか改善はしてほしいものです。
でも調べてみればみるほど、どこの航空会社、遅延して出発する時は急に時間が早まったりするようなのでLCCだからというのは関係ないようです。
nobody in thereさて悔しいのはさらに続きます。
私が利用したのはLCCだからなのか、それが最終便だからなのか窓口には誰もいません。
近くに乗り遅れた方はこちらに電話してくださいという看板があるだけです。
チェックインカウンターが閉まったのは10分前。まだ飛行機も飛んでいないのに。
なんだか腹立たしくなってきます。
なぜ誰もいないんだと思いつつ電話すると自動アナウンスが電話は有料ですよやら、予約の確認は3を押して〜などと言ってきます。
頭の中が混乱している時に自動アナウンスほどもどかしいものはないですね。
そんなことよりもなにが一番腹立たしいかと言えば、電話して得られた情報が何もなかったということです。
「遅延してネット通りの時間にきたのに何の対応もないのですか?」と聞けば、「90分前には待機しておいてくださいと書いてあったはずです。」とのこと。確かにそんなようなこと書いてあったなと思い何も言えず。
「ではどうしたらいいのですか?」と聞けば、
「自分で新しくチケットをとってください。こちらで手配してもかまわないのですが、手数料がかかるのでそちらで手配された方が良いですよ。」だそうです。
そんなこと聞くためにお金払ったのかと思うと腹立たしい。けれども電話のおねぇさんに八つ当たりしてしまったことを反省して冷静になれました。ごめんなさい、オペレーターの人。

それにしても90分前にLCC専用のプレハブみたいな場所に待機してとはひどくはないかい。成田ならまだしも地方のLCCのターミナルは席も座れないし、お店もほぼないというのに。。。
はっ!それがLCCなのか。
遅延しといて90分前っていうのも。。。もうそういうものなのかとあきらめるしかないですね。

一応だめもとで、朝飛行機の遅延の情報を見た時に、2週間以内なら振替ます。という情報をみたので試みてみることにしました。
まだ飛行機だって飛んでないし、と思ったらビンゴです。
振替できました!ただ空席がなくチケットがとれたのは3日後。最悪3日後には必ず帰れるということだけわかり一安心。
電話でそういう情報をなぜ教えてくれないのか不思議です。

本当に振り返られたのか一応また電話して確認したところ、できていました。
でも3日後はいやなので空きが出たら日にち変えられますかと聞いてみたところ、予約した時の金額との差額がかかりますができますよとのこと。
いちからチケットを取るよりは安くすみそうでホッとしました。(実際できるのか謎です)
hotel親戚の家に泊めてもらったので宿泊代はかからなかったですが、その日の宿代やら考えるとやはり保険は入っておくべきなんだなと痛感しました。

夜ネットで空席状況を確認すると空きがでており、Web上で変更しようとおもったところ、グレーアウトしておりできませんでした。
「うそでしょ。。。」と思ってももう、コールセンターの時間も終了しており問い合わせできず。
明日電話してもまだ空きがあるとは限らない。
さすがに明日帰らないと仕事に支障がでてしまう。

ということで結局、実費であたらしくチケットをとって帰りました。
なんだか悔しいです。
もしかしたら差額で帰れたかもしれませんが、今さら確認する気にもならないので、もし次の機会があれば確認したいと思います(苦笑)。

遅延するのはLCCだけではないし、空席があれば振り返られて次の日には帰れたのかと思えばLCCはまぁ悪くはないなとは思いました。
けれども電話でしか対応してもらえなかったり、そのわりに朝は9時にならないとつながらなかったり(JALは朝7時、ANAは6:30と朝一番に電話で確認ができます)、安いのには理由があるということが身にしみてわかりました。
もしLCCを使うなら保険には入ろうと学んだ1日でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です