かわいい島Vrångöを散歩してきた! in ヨーテボリ

こんにちはKAOです。

北欧の国スウェーデンにあるヨーテボリ(イェーテボリ)からフェリーにのってVrångö島へ言ってきました。
行き方編、フェリー編に続き、ようやくVrångö(Vrango)島を散歩してきた編です!
その前にVrångö島について書きたいと思います。
Vrångö島は人口400人弱の島です。
ヨーテボリ群島の南側にあり、南諸島群と呼ばれるその中の6つの大きな島の1つです。
夏は人気の観光地で、セカンドハウス(別荘)を持つ人も多いエリアです。
私が行ったのは春なのですがゴールデンウィークに行こうかなと思っている方はそこそこ寒いので防寒しっかりしていくことをお勧めします。

それでは散策した思い出を書きたいと思います。

フェリーに乗る前は天気も悪く不安でしたが、ついてみるとなんとか青い空も見えて散歩日和です。
Vrångöは道のあるエリアを歩けば30分ほどで1周りできてしまうので、帰りのフェリーの時間を決めてのんびり歩きます。
カラフルだったり、可愛らしい小さな家を見ながら歩きます。絵本に出てきそうな雰囲気です。

車は工事などで使われるもの以外走っておらず、鳥の鳴き声やらを聞きながら穏やかに歩けます。
たまに通る乗り物も自転車かバイクに台がついているようなものです。
フェリーを降りた時にバイクで迎えにきて、子供を乗せて帰っていく人たちがいたのですが気持ち良さそうでした。

一応、目的地はフェリー乗り場の対岸にある赤い小屋のある小高い場所です。
しばらくあるくと赤い小屋も見えてきます。
Vrångöといえば赤い小屋というくらいググると出てくるので、どんな場所にあるのか楽しみです。
階段もあるので、すいすい丘を登っていきます。
階段を間違えたのか赤い小屋まで岩場を歩いて進みます。
丘の上からはVrångöの町を見渡せてとてもいい景色です。
ここでピクニックするのもいいでしょうね。

そして赤い小屋を発見。
Vrångö photoVrångöの散歩の終着地点です。
ネオン街や楽しい観光地でもないですが、空気がきれいで町がかわいらしくて
北欧の魅力ってこういうことかとしみじみ実感しました。
セカンドハウス欲しくなりますね。

帰り道は違う道を通ってフェリー乗り場を目指しました。
フェリー乗り場近くのカフェによったのですが、それはまた次回書きたいと思います。

ちなみにVrångöの読み方ですが、聞く限りヴィランゴ?ブロンガー?って感じでした。
スウェーデン語なじみがなくて難しいですがとても興味深いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です