フィレンツェからパリへ寝台列車で移動してきた!

だいぶ前になりますがイタリアのフィレンツェからフランスのパリへ寝台列車を利用して移動してきました。

Sleeper_train_6

フィレンツェのサンタマリアノヴェッラ駅からドキドキの旅が始まります。

 

 

少し早めに駅について私の定番のマクドナルドで腹ごしらえをすませておきました。

_Sleeper_train_1

ローマからフィレンツェまでも列車いどうだったこともあり少し慣れてはいましたが電光掲示板に列車のプラットフォームが出るまではドキドキでした。

また予約した紙で乗れなかったらどうしようと不安でしたが無事に乗ることができて安心しました。

予約したのは一応女性だし荷物のことなど不安だったので2人部屋の個室を予約して利用しました。(普通寝台 Sleeperの2等、2人部屋(Double)を利用)

予約サイト:ヨーロッパ鉄道チケットをオンラインで購入

Sleeper_train_3

4人部屋などのクシェットで同乗した人と楽しく会話なんてのも楽しそうでいいですよね。男だったら利用していたのにな。

個室の2人部屋はクシェットにくらべて料金は高くなり一人当たり24,000円ほどかかりました。

それでも一度は寝台列車で海外を旅してみたいという夢をかなえるべく利用しました。

ホテル代も含まれていると思えば良しと思える料金です。

 

そして寝台列車の部屋は私が思っていたよりは狭かったです。しかし慣れれば快適でした。

Sleeper_train_5

足は短いので伸ばせましたが長身の方は厳しいかもしれません。

乗車後すぐに駅員さんがやってきてパスポートを没収されました。

そこから食堂車やいろいろ見て回りたかったのですが、この時は電車に乗れたことに満足して特に探検にいきませんでした。今となって後悔です。

それに旅行の疲れから以外とすぐに寝てしまいました。

Sleeper_train_7

朝になると外の景色も楽しめるようになっており、寝台列車の旅をしてるんだという実感を噛み締めながら景色をぼんやり眺めました。

また駅員さんが朝食にコーヒーとクロワッサンを持っておこしに来てくれます。

Sleeper_train_2

質素な朝食なのにとても美味しく感じました。

Sleeper_train_4

クロワッサンもものすごいパサパサなのにコーヒーと良く合って満足でした。

またこの時にパスポートも返してくれました。

列車は到着時間になってもつかず、午前中にはつくはずがお昼になってしまいました。

Sleeper_train_8

予定していたルーブル美術館へは行けなくなってしまいましたが起きたらパリっていうのがいいですね。

ここからさらにホテルまで移動するために地下鉄の駅までスーツケースを持って歩かなきゃいけないのですが、基本的にみんな同じく地下鉄へいくので着いていくと無事につけました。

※イタリア主体のアルテシアナイトからthello(テロ)というフランス主体の列車に変わった影響でフィレンツェからの直通がなくなってしまったようです。

それでもミラノで乗り換えればパリまで行けるようです。

参考サイト:列車テロホームページ

参考サイト:地球の歩き方 寝台列車について

慣れない海外でビビりながらも挑戦して良かったです。

良い思い出になりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です