ホテル ルチャーニ(Hotel Luchiani)に泊まった感想 in ローマ

イタリアのローマに行った際にホテル ルチャーニ(ルチアーニ?)に泊まりました。
Hotel_Luciani_1 空港からホテルの行き方ですが、空港からホテルの最寄り駅テルミニ駅まではダイレクトに結んでくれるシャトルトレインレオナルドエクスプレスという列車を利用していきました。
Leonardo_Express_1フィウミチーノ空港からのアクセスが簡単でした。
列車のチケットも窓口でゲットしました。空港の窓口なので外人に優しい気がします。乗車時間も30分ほどでした。

 

 

無事にテルミニ駅に着いたときにはもう真っ暗で徒歩5分のはずがだいぶ迷子になりました。
友達がモバイルWi-Fiを持って来てくれていたのでGPSで位置を確認して無事にホテルにつく事ができました。テルミニ駅は広いので事前に場所を確認しておいた方が良さそうです。

ちなみにルチャーニホテルのグレードは星ひとつとレベルの低いホテルになります。お金を節約するにはもってこいの料金だったので利用しました。
参考サイト:ホテル ルチアーニ Expedia

その割には私はお気に入りだったのですが、友達はボロッカスに言ってて面白かったです。
なぜ友達が嫌がったのかというと、まずエレベーターが有りませんでした。
スーツケースをもっているのに受付するのにスーツケースをもって2階にあがらなければなりませんでした。さらに部屋までに階段が有り、また重い荷物を上に運ばなければ行けませんでした。
そして受付のオネェちゃん。
愛想が悪くて着いてすぐ宿泊分のチップを払え的な事を資料を見せられ言ってきました。
そいうホテルなのでしょう仕方ないので、2人で20ユーロくらい払いました。

そして部屋ですがなんか寒かったです。
Hotel_Luciani_4 ヨーロッパは空調を一括管理している事が多いので温度の調節もできず。ベッドの毛布も少し薄かったような。2月の寒い時期には少し厳しかったです。
さらには床もタイルなので足が冷えました。ベッドもなぜかシングルとダブルで。友達と交代で利用したのですがシングルの時は寒さが染みましたw
ただ天井は高くて私は好きでしたよ。
部屋も広く感じましたし、スーツケースも問題なく広げられました。
水回りは問題なく使えました。浴槽は無くシャワーしかない電話ボックスみたいなシャワールームがついていました。

アメニティーも最低限備わっていました。冷蔵庫は有りませんでした。
電源はCタイプでした。

朝食付きでしたが食堂は利用しませんでしたが、朝ちらりと見たら普通にパンとハムなどが置いてありました。
wi-fiなどのインターネットは有料で使えるようです。

悪い事しかないわけでもなく良いところももちろんあります。
まずは窓からの景色。
Hotel_Luciani_3 なんか海外っぽくて私は好きでした。
特にきれいでもないのですがこの雰囲気よくないですかw?

まじめに書くと最大の利点はやっぱり主要の駅から近いことです。
最寄り駅のテルミニ駅(Termini)はローマの中でも一番のターミナルです。
Roma_Termini_1 観光に行くにも空港に行くのも、さらには別の都市に行くのにもとても便利でした。
そしてテルミニ駅のおかげで食べ物には困りませんでした。
個人的に入りやすいマクドナルドや地下のスーパーマーケットには助けられました。
Hotel_Luciani_2 そして立地がいいので観光に疲れたら戻って来て休憩もしやすかったです。

愛想が悪い受付の人だけなわけでもなくチェックアウトの時には荷物を預かってほしいと言えば
快く預かってくれました。

そして何より雰囲気がでてて良い。
エレベーターがついてないとか、ちょっと怖い受付とか海外っぽいじゃないですかw。
立地重視の方は便利なホテルだと思います。

 

 

2 thoughts on “ホテル ルチャーニ(Hotel Luchiani)に泊まった感想 in ローマ

  1. 山本

    2014年11月末にこちらのホテルルチャーニに宿泊し、その時にSDカードを忘れてしまったのですが、イタリア語も分らないし、ずっと聞けずにいました。申し訳ないのですが、聞いていただくことは可能でしょうか?

    1. KAO

      山本さん

      コメントいただきありがとうございます。
      私もイタリア語はわからないのですが、
      受付のおねえさんは英語しゃべれてたので
      英語でも問い合わせは問題ないかと思います。

      コメント時に入れていただいたアドレスへ英語の例文お送りいたしましたので、
      参考にしていただければと思います。

      少し前のことですが、見つかることを祈っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です