Renfeユーザー登録方法

スペイン旅行の際に鉄道を使って2都市、3都市まわりたいって方は多いのではと思います。そんなときはスペイン国鉄のRenfeを使うことになると思います。

Renfe_train Renfeはインターネットからチケットの予約を行うことができます。

予約の前にrenfeはユーザー登録を行うと購入したチケットの確認や失敗してしまった場合のキャンセルなどがマイアカウントページからおこなえるようです。
※ちなみにマイアカウントページに行くのが面倒なのでこのURLから行くと早いと思います。

私は以前日にちを間違えてしまった為に、日本に帰る前日にバルセロナからマドリッドへ行くという過酷な一日になりました。
まだスペイン滞在中のミスだから良かったですけど、もし間違えて帰国日に予約をしていたらと考えると恐怖です。そんな時の為にも念のためにユーザー登録を行うことをお勧めします。

というわけで久しぶりにrenfeを使ってチケットを購入しようかと思い、ユーザー登録してみようと思ったら、いがいとできなくて困ったので参考程度に登録方法を記載致します。
※ユーザー登録しなくてもチケットは購入できますが上記の理由よりおすすめしません。

Renfeを自分で購入するの面倒くさそう不安だなと思った方は 、プロのお力を借りて鉄道の旅をたのしんでみては。

参考サイト:ヨーロッパ鉄道チケットをオンラインで購入

それではユーザー登録方法について書いていきたいと思います。

 

 

Renfeユーザー登録方法

まず下記サイトへアクセスします。

参考サイト:renfeユーザー登録URL

各項目に記入します。

※(*) このアスタリスクマーク(*)がないものは入れなくて良いと思っていたのですが一応入れてください。(Second Surname はいれなくても大丈夫でした)
私はこれが原因なのかはわかりませんがアスタリスクマーク飛ばしてたらRenfeにユーザー登録できませんでした。

さて失敗をふまえて、簡単な英語が多いのでさっくりと解説していこうと思います。
若干登録方法が変わったようなので追記2014/01/28
最初にパスポート番号と国籍とメールアドレスを入れるようになったようです。

☆Datos Generales
renfe_register1 プルダウンからPassportを選び右側の欄にパスポート番号を入れます。
国籍を選んだら右側にメールアドレスをいれます。
この際メールアドレスですがドメイン(例:@wakutra.net)が日本独特のものだとはじかれてしまうようです。私はyahooメールを使用しましたがyahoo.co.jpでは問題なく登録できました。

☆Registration details
・Renfe User
これはrenfeで使用される名前なので好きな名前をいれてCheck Userを押してください。
”The alias is available”(使用可能)がでたらOKです。短すぎたりするとだめなようです。
続けてメールアドレス(記入済み)とパスワードをいれます。

・Re-establish password
これはパスワード忘れたときようの合い言葉です。
最初のがWhat is your pet’s name? (ペットの名前はなんですか)

なのでここはペットの名前を入れてください。ペットなんかいないしって方は他のを選ぶかtamaとでもいれておけば大丈夫です。

☆Personal details
・名前と誕生日(日/月/西暦の順)とMale/Sr.(男),Female/Sra.(女)を選択

☆Contact
renfe_register 少し順番がややこしいのですが

Provinceのところに都道府県
例:Tokyo
Town/Cityのところに市区町村
例:Shibuya-ku
Postcodeは郵便番号です。
Addressは住所のことなので
英語だと逆から入れていきます。
部屋番号,丁目,番地,号(205,11-2-3みたいな),町名
○例
2-21-1 Shibuya
ただAdressの下のNúmeroが数字を意味するので、Adressには町名だけにして、Númeroに番地などを入れてみました。

Mobile phoneは国際電話81が自動で入っているため普通に携帯番号を入れました。
最後のチェックは広告メールなので受け取りたい方はチェックします。
私は最初にチェックを外していたら、登録できなかったので念のためチェックいれました。

☆Datos Fiscales
これはなぜか出るときと出ないときがあるのですが、請求書が必要な場合記入するようなので基本的には無視していいようにおもいます。

☆Agreement
利用規約なので同意するためチェックします。

最後にacceptを押します。これで登録完了です。
確認メールとかはきませんでした。
※IDとパスワードは忘れずにメモしておきましょう。
その後ユーザーIDとパスワードでログインできました。

最後になりますがRenfeは日本のクレジットカードが使用できないという問題が多く発生しているようです。visaの認証サービスを登録すると購入できたなんて話もききますが、その他にも予約した際にサーバーの不具合でメールがこなかったりとトラブルが報告されています。

はじめての方はとくに、そんなトラブルの際に自分で問い合わせる覚悟と最悪お金を捨てても一か八か予約して安くすませたいという気持ちでRenfe予約に挑むといいです。
トラブルとか面倒だな、調べて購入する時間がもったいないという方はぜひプロのお力をお借りください。
参考サイト:ヨーロッパ鉄道チケットをオンラインで購入

いや予約したいんだ、それも経験だという方は、ぜひチケット購入の前に万が一に備えてユーザー登録も行ってください。
登録を済ませてさっそく予約しようという方はこちらの記事も参考にして頂ければと思います。
参考記事:Renfeチケットのオンライン予約/購入方法

いろいろ怖い事を書きましたが、私も最初は時間かかりましたが、日付のミス以外は問題なく予約してスペインのバルセロナ-マドリッド間を往復致しました。(日付ミスりましたが旅行日程内だったため問題なし)。3人で1人あたり60ユーロもかかりませんでした。人数が多いとさらに安いです。
本当に問題さえなければ安くていいです。挑戦してみるのも良い思い出になっていいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です