日本から日帰りで海外旅行が可能な国と都市を調べてまとめてみた!

最近はLCC航空も多く、LCCはセールをやっていることもありコストも抑えられたり、荷物もなく、思い立ったら行けるのも魅力で日帰りする人が増えているのだとか。
メキシコシティ出発日帰りで海外に行く人も周りにいたりして気になったので、日本から日帰りで行ける国と都市を調べてみました。

日帰りの多くはアジア圏のようですがどの国・都市が可能か下記にまとめたいと思いますが、
調べていたら埒があかなくなってきたので条件を設定しました。

日帰りの定義
    • 同一の日の航空機に乗る 例) 行き6:00発 帰り23:55発はOK
    • 最低でも片道は直行便
    • 24時間以内に日本(同じ都市)に帰ってくる 例)行き6:00発ならば次の日の6時までに同じ都市に帰国する
    • 滞在時間は8時間以上ある
    • LCC以外も含む
    • 曜日は土曜日で検索する(全曜日調べてたら心折れそうだったので)

主に東京・大阪・名古屋・福岡で調べていますができる限り他の都市も調べています。
曜日は土曜日で検索しているので他の曜日だと違う結果になる可能性があります。
ルールのせいで乗り継ぎしなければならない時がありますが、前日の仕事終わりに行く、1泊2日にするなど条件を広げていただければ、もっとのんびりいけると思いますので旅の目的地の参考程度に見ていただければと思います。

また検索ツールはskyticketスカイスキャナーを利用して調べました。

それでは調べた結果を発表していきます!!

日帰りできる国一覧

下に行くほど過酷な日帰りになります。
airplane

韓国

一番有名なのは韓国(ソウル・釜山)の旅行ではないでしょうか。
韓国は朝出発して夜にはお家のベッドで寝れてまさに日帰りって感じの旅行が楽しめそうです。

ソウル

ソウル日帰りは東京・大阪・名古屋・北九州・福岡で可能。
片道2時間、前後で福岡ならもっと早くつけてしまいますね。
高松・岡山はルール的には日帰りできますが帰りが直行便なさそうで微妙です。
札幌はルール的には料金高くつきそうだったので24時間以内だと微妙です。

釜山

釜山は福岡の日帰り可能です。
福岡から片道1時間と早くつけるのも魅力ですね。
東京、大阪、名古屋、大阪はルール的には日帰り可能ですが、帰り直行便がなかったので微妙です。

台湾

台北

台北もまだ無理なく日帰り可能そうです。
東京・沖縄・大阪で日帰りも可能です。
飛行機で東京は片道3時間30分、大阪は3時間弱と割と現実的に行くことができます。
沖縄からは1時間30分でつけますし、無理のない時間で安く行けるので日帰り旅に良さそうです。
福岡はルール的には可能ですが、大阪泊になってしまいますね。距離的には近いけれど日帰りするには良い便がなさそうですね。
名古屋は7時間45分、広島は6時間40分の滞在でならば無理なく実現可能です。

高雄

沖縄、大阪で日帰り可能です。
沖縄から直行便だと1時間50分、大阪は直行便だと3時間15分でいくことができます。
沖縄・大阪ともに帰りが直行便なさそうで24時間ルールでは微妙です。

香港

東京・大阪・名古屋・鹿児島・沖縄が日帰り可能です。
東京が香港エクスプレスを利用して行くことが可能そうです。
片道4時間20分となります。
大阪・名古屋もルール的には可能ですが、帰りが直行便なさそうで微妙です。
沖縄もルール的には可能ですが、台北泊になりそうなので微妙です。
鹿児島は帰り直行便がないのと、15時すぎ着になるので夕飯を食べて帰る感じになります。

中国(台湾・香港除く)

上海

東京・名古屋が日帰り可能です。
片道3時間弱で行くことが可能です。
名古屋は中国東方航空を使うと、朝も8時55分発、帰りは21時35分着があるので無理せず日帰り旅行を楽しめそうです。
東京だと深夜に出発しなければならず飛行時間も短いのであまり寝られないのが辛いですね。
広島は6時間55分、東京・岡山は7時間、福岡・大阪が7時間30分しか滞在時間がなかったので定義的に日帰りはできませんが、滞在時間を短くすることで時間もちょうどよくお家で寝られます。
今後便が増えれば日帰りでも行けるようになるかもしれないですね。

北京

東京・大阪で日帰りが可能です。
片道3時間50分ほどです。
東京だと深夜(2:40)に出発することで帰りも直行便で帰国できます。しかし飛行時間が短いのであまり寝られないのが辛いですね。
大阪は定義的には可能ですが帰り直行便が使えないのでちょっと微妙です。

大連

片道2時間30分と近いので日帰りできそうですが、便がすくないようです。
東京は定義的には可能ですが帰り直行便が使えないのでちょっと微妙です。
大阪・富山・名古屋も定義的には可能ですが帰り乗り継ぎが2回あるのでちょっと微妙です。

天津

東京が日帰り可能です。
片道3時間20分ほどです。
東京だと深夜(3時)に出発しなければならず北京と同じで飛行時間も短いのであまり寝られないのが辛いですね。

タイ

ここからは夜はお家のベッドではなく飛行機でおやすみになりそうです。

バンコク

片道6時間30分ほどかかります。
東京、大阪、名古屋、福岡が日帰り可能です。
帰国時間が東京は朝6時、名古屋は7時45分、大阪は7時10分、福岡は7時あたりなので、遅めの出社なら出勤に間に合えるかもしれないですね。

フィリピン

マニラ

東京が日帰り可能です。
東京からは片道4時間30分ほどで行けます。
飛行機で行きに寝るか、帰りに寝るかも選べます。ちなみにセブは6時間50分の滞在ならいけます。

ベトナム

ホーチミン

東京はベトナム航空の直行便(片道5時間40分)で行けます。ANAやJALなどの併用も可能で選択肢も多いです。
大阪・名古屋は定義的には可能ですが帰り直行便が使えないので24時間だとちょっと微妙です。

ハノイ

片道5時間30分ほどです。
東京・大阪・福岡・名古屋で日帰り可能です。
しかし、ルール的には可能ですが、帰りが直行便が使えないので微妙です。
帰国便を深夜発(0時以降)にするとどれも直航便があり朝方には帰れるので24時間ルールは無視した方がが快適そうです。

シンガポール

東京はシンガポール航空を利用して行くことが可能です。
片道7時間ほどなので飛行機に時間をだいぶ持って行かれますね。
帰国も羽田に1時着なので帰りはバスとか走ってないときつそうですね。

前日の夜発とか入れるとクアラルンプールやプノンペン、ジャカルタ、グアムなどもう少し選択肢は広まるのですが、キリがないのでこの辺で。
以上14都市日帰りが可能です!

ツアーは日帰りだと少ないので、他の都市へは自分で予約していくことになりそうですね。
LCCがセールしていると航空券を取得すれば金額も抑えられます。
LCCがセールして爆安の時に日帰り旅するのも良さそうですね。1日なら仕事も休めそうですし。
あとはもうなにもかも嫌になった時にでも飛び出すのにもいいかもしれないですね。
安い航空券を探すのに便利なskyticketのリンクを貼っておきます。調べた後に、航空会社でセールがないかも確認してから購入するのをお勧めします。
◇参考サイト:skyticketで航空券を探す
◇参考サイト:スカイスキャナーで航空券比較検索

他にもここにない日帰り情報ありましたらご教授いただけると幸いです。
いつか日帰り海外やってみたいと思います。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です