ロンドンからリーズ城への行き方 in イギリス

こんにちはKAOです。

ロンドンに遊びに行った際に日帰りで少し遠出をしてみようとあれこれ模索してみました。
コーチを使用して行けるところには行ってみたものの、どうしても行きたいのに自力で行くには悩ましい場所がありました。
それはリーズ城(Leeds-castle)です。

leeds_castle_1最終的には料金的な面も考えてカンタベリーどドーバーにも行けるツアーにしましたが。
せっかく調べたので行き方を書き残しておきたいと思います。

 

仮に自力で行こうとする場合
①電車で行く

Waterloo_st_2

電車で行く場合、リーズ城の最寄駅Bearsted Stationをめざします。
そこからリーズ城までのシャトルバス的なものが出ているようです。

例えばLondon victoria stationからBearsted Stationまでで料金は安くて往復18.5ポンドです。
参考サイトRaileasy.co.uk(英語,チケットの予約ができます)

次にシャトルバスが往復で5ポンド(大人)かかります。
(10月〜3月は運行しているか要確認)
Spottravelサイト リーズ城シャトルバス時刻表など

そしてリーズ城の入場料金が大人£24.00とお高いです。
事前にネットから購入したほうが10%割引で£21.60と多少おやすくなります。
(個人的には入場料の時点で超高く感じてしまって行くか悩みました。)
参考サイトリーズ城 ホームページ

ということで18.5ポンド + 5ポンド + 24(21.6)ポンドで合計47.5(44.7)ポンドが自力の値段になります。

リーズ城を見るのに1日かけてのんびり周辺の庭園なんかも歩きたいという方は良さそうです。
ただ冬場はシャトルバスが出てるか問い合わせなければならないようで、なんとも面倒です。

②車をレンタルする

rent_car_1

私はペーパードライバーなので車の選択肢はないのですが参考までに調べてみました。
50〜70ポンドくらいでレンタル可能でした。
マニュアル車なら40ポンドほどです。おそらくガソリン代に走行費等もかかってきます。
事前に国際運転免許証の取得が必要です。

レンタカー代にプラスして入場料がかかります。
運転に自信があって人数が多い場合はいいかもしれません。

参考サイト海外レンタカーのバジェット

その他選択肢

いろいろ1日くらい費やして探してみたのですがツアー以外見つけられませんでした。
ツアーの場合、リーズ城とカンタベリー大聖堂、ドーバーあたりをめぐって87ポンドほどです。

canterbury_1基本的にお城やカンタベリー大聖堂(世界遺産)への入場料は込みなので悪くはないと思います。
※カンタベリー大聖堂の入場料大人9.5ポンド
色々回りたい場合イギリスの物価的にはそれなりにお手頃価格ではないでしょうか。

ツアーへ行くとなるとまたしても悩みます。
どのツアー会社にするかです。
また私は天気予報をチェックしてリーズキャッスルのエリアが晴れている日にいくと決めていたので催行日もきにしなければなりません。

○ツアー比較

JTBツアーリーズ城、カンタベリーとドーバー観光1日ツアー JTB
87ポンドでリーズ城とカンタベリーとドーバーへ行けます。ランチ付きなのが魅力的です。
またグリニッジ・リバークルーズもついてきます。
催行日:水・日曜日(日本語/英語ツアーとの混乗)

Veltraツアーリーズ城、カンタベリー大聖堂、ドーバー日帰りツアー
87ポンドでリーズ城とカンタベリーとドーバーへ行けます。対象のホテルであれば朝迎えに来てくれます。
催行日:水・土曜日(日本語)、火〜土曜日(英語)

グリニッジ・リバークルーズとランチがあるかの違いですかね。ランチとクルーズなしだそこまで時間に追われないのでしょうか。
ただどちらもリーズ城2時間、カンタブリー周辺探索2時間くらいの滞在でドーバーはホワイトクリフの写真撮影15分ほどです。
dover_1セールなどが行われていることもあるのでどちらも確認してみるといいと思います。
英語のツアーでもいいやという方は現地のツアー会社を探してみると他にもツアーが出てくるかもしれません。
個人的にいろいろ見た結果セールをしていたらもしかしたらそっちの方が安い程度の違いでした。

私は結局、ランチとクルーズなしで各所回れるツアーに申し込みました。
天気重視だったので英語のツアーになってしまいましたが少し後悔しました(笑)
何時集合なのか毎回不安でした(笑)
けれど入場料と移動費を考えるとツアーで良かったと思います。満足の行くツアーでした。

リーズ城は本当に素敵な場所だったので、余裕のある方は是非行かれてみては。別記事に感想も書いているのでそちらもお時間があれば参考までに読んでいただければと思います。

参考記事:リーズ城へ行ってきた感想 in イギリス



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です