パンダホテルの情報と泊まった感想 in 香港

こんにちは、香港に行った際にパンダホテルを利用しました。

パンダホテルとはなんて安易な名前なんだ!!と思っていたものの行ってみればしっかりとしたホテルでした。

パンダホテル

Expedia | パンダホテルでの評価も5段階で3.9となかなか高い評価でした。

パンダホテルについて

立地について

パンダホテルの最寄駅 大窩口

最寄り駅は2つあり、MTR大窩口(タイウォーハウ)駅からは徒歩約5分
MTR荃湾(ツェンワン)駅からは、徒歩約10分です。
ちなみに空港からホテルまでは車で約25分となっております。

荃湾(ツェンワン)駅を利用すると始発なので電車で確実座れるのが便利です。
だからといって大窩口(タイウォーハウ)駅からすごい混んでいるということもありませんでした。長距離移動するから電車で絶対に座りたいというかたは荃湾(ツェンワン)駅が便利そうです。

観光するには少し都心から離れており、駅近でもないので立地を重視する方は考えた方が良いかもしれません。

空港からホテルまでの行き方

エアポート_エクスプレス_HK

先におすすめの方法ですが空港からパンダホテルまでの移動で一番のおすすめはタクシーです。タクシーの前に一般的な行き方を書きたいと思います。

電車で行く

私は空港からはエアポート・エクスプレス(機場快線/AEL)に乗って青衣(せいい、チンイー)駅まで行きました。青衣駅まで片道60香港ドル(往復だと110香港ドル)でした。青衣駅からホテルの最寄り駅の大窩口駅までは4.5香港ドルです。茘景駅で乗り換えを挟みます。
合計64.5HKDかかります。
駅からのホテルまでの距離がけっこうあるのでスーツケースを持ったままホテルへ行くのは大変かなと思います。
所用時間は1時間ほどです。

エアポートエクスプレスは現地で購入するより予約した方がお得で便利です。
Voyagin:香港エアポートエクスプレス 乗車Eチケット

電車+タクシーで行く

電車(MTR)で乗り換えを挟んでスーツケースを持って移動するのは大変です。
空港からエクスプレスを使用し青衣駅まで行き、青衣駅からタクシーに乗ってホテルまで行くほうが便利です。
青衣駅からホテルまでタクシーで移動する料金だいた40香港ドルです。
スーツケースがある場合、代金が別途加算されるようで、その時は2つ分のスーツケース代が10ドル加算されて約50香港ドルくらいでホテルに着くことができました。
合計がエアポートエクスプレス60HKDとタクシーの40HKDで100香港ドルかかります。友達2人でタクシー代を割り勘した場合1人あたり80ドルです。
所用時間は40分ほどです。
青衣駅でご飯をたべたり買い物したりできるのでこの行き方もおすすめです。

電車+シャトルバスで行く

ちなみに知らなかったのですが、パンダホテルから九龍市内チムサーチョイまでいくシャトルバスが運行しているそうです。1時間に1本程度で事前に予約するようです。
なのでエアポート・エクスプレスで九龍駅まで(90香港ドル)行きシャトルバスでホテルへ行く事も可能なようです。1人あたり90ドルです。

エアポートエクスプレスは現地で購入するより予約した方がお得で便利です。
Voyagin:香港エアポートエクスプレス 乗車Eチケット

タクシーで行く

帰国する際にホテルからタクシーで直接空港へ向かいました。料金は180香港ドルほどで空港につけました。スーツケース代2つ分の料金も含まれていると思います。
友達と割り勘したら一人あたり90香港ドルです。私の場合2人でしたが、人数が多ければかなりお得です。最大4人まで乗車できますが、かなり窮屈です。
所用時間は30分ほどでした。

バスで行く

その他の手段として空港のバス乗り場 A31 からバスで荃湾まで行くことができます。E32番のバスを利用してホテルの最寄り駅の大窩口駅(大窩口地鉄站)まで行けます。所用時間は1時間ほどです。料金は17香港ドルですのでバックパッカーなど身軽に動ける場合は安く済ませられおすすめの方法です。グーグルマップのルート案内などを利用し事前に場所や時間を確認しておくと安心です。

部屋の料金について

私が利用したプランははツインルームで通常で2名1室で8000円ほどなので1泊1人あたり4000円くらいでした。香港では安い方だと思います。実際は航空券とホテルのツアーだったためもう少し安い値段で泊まることができましたがWi-Fi(無線LAN)のないプランでした。
ホテルのみでお探しの場合は下記サイトより料金を確認した方が早いと思います。
参考サイトHotels.comホテル予約

Wi-Fiつきのプランがほとんどですが予約する時はプランを良く確認した方が良さそうです。
※HISのホームページにwi-fi全館無料と書いてあり(HISから予約)実際に行ったら有料でした。
Wi-Fiが有料の場合、24時間120香港ドル(2040円くらい)で利用できます。

パンダホテル wi-fi料金

しかも2016年1月に再びパンダホテルを利用しましたが2015年当時よりwifi利用額が値上がっていて驚きです。

※1$HK 17円の計算

ホテルに何千円も支払うなら、Wi-Fiを借りて行った方が安くてお得でなのでおすすめです。
◇参考サイト:海外行くなら!イモトのWiFi

またチェックインの際に1泊300HKD(5000円くらい)のデポジットをとられました。
地味に高額なのでビビります。
デポジットの支払いはクレジットカードか香港ドルのみでした。
デポジットはチェックアウトの時に問題がなければ返金されるのですが、帰国日に大量の香港ドルをもらっても困るので、クレジットカード支払いにしました。

客室について

ツインルームはシングルベッドが2つの部屋で、少し狭く感じましたが2人でスーツケース広げられるくらいの室内でした。室内はきれいで簡易的でしたがソファがあったりでくつろげました。

パンダホテル 客室

備品としてはテレビ、冷蔵庫、使い捨てスリッパ、ドライヤーがありました。ポットもあり、中国らしくジャスミンティーのティーパックがありました。

パンダホテル アメニティ

(大きいミネラルウォーターは有料、500mlの水は無料でした)

アメニティも必要最低限タオル、石けん、歯ブラシ、綿棒などがありました。

パンダホテル アメニティ

シャンプーなどはホテルのシャンプーという感じで、あるだけありがたいなといったものでした。気になるようでしたら持参して行くと良いと思います。

パンダホテル 浴室

トイレとお風呂はユニットバスでした。

パンダホテル 浴室

お湯も問題なくでました。浴槽は浸かった状態で足も伸ばせて旅行の疲れを癒してくれます。

電源コンセントのタイプはBFですので変換プラグが必要です。電圧も220Vなので変圧器があると便利です。もし忘れてもプラグはロビーで貸してくれますし浴室には日本のコンセントが直接させるのもありました。

収納も小さいですが4泊くらいであれば充分なスペースがありました。

パンダホテル

収納の下にはセーフティボックスもあります。

パンダホテル

充実した設備かなと思います。

接客について

接客は満足でした。タクシーでエントランスまで行ったときに、ついたらドアマンがすぐに現れドアを開けてくれてトランクも運んでくれました。
チェックインを済ませたら(チェックイン時には人数分のパスポートと代表者のクレジットカードが必要です)トランク持って待機していたホテルの方に部屋番号を伝えるとそのままトランクを持って部屋までついてきてくれました。

パンダホテル_廊下

そして片言の日本語で「説明していいですか」と言って部屋に置いてある水や冷蔵庫の中のものは有料でちょっと高めですよと言う事を教えてくれました。優しい。
しかも香港はチップいらないのでそのまま爽やかに去って行きました。
と基本的に優しくて満足な接客でした。

その他

ホテルの建物内はショッピングモールのようになっていてイオンのスーパーやセブンイレブン、ケンタッキーなどがあり便利そうでした。

パンダホテル スーパー

せっかくの香港だったのであまり寄り付かなかったですが、忙しい人には良さそうですね。

近くには美味しいお粥屋さんもあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です