東京から日帰りで忍野八海に行ってきた! -行き方と感想-

こんにちはKAOです。

機会があってバスツアーで忍野八海(おしのはっかい)へ行ってきました。
忍野八海忍野八海はじめのうちは読み方がわからなくて不忍池とも混同してしまって困りました(笑)。

忍野八海は天然記念物で富士山の雪解け水が約20年の歳月をかけてろ過された湧水でできています。
その水の透明度はとても高く神秘的で「池」だけど「池」というのはもったいないということで忍野八「海」と呼ばれていいるようです。全国名水百選にも選ばれており、現地ではその湧き水を堪能できます。

行き方

私はバスツアーを利用して行きましたが、他にも色々あるのでバスツアーも含めて紹介していきます。

車/レンタカー

周辺の浅間神社や鐘山の滝などの観光地も合わせて巡りやすい車/レンタカーは自由度も高く良いですよね。
東京からは2時間弱で行け日帰りでもちょうど良い距離(110kmほど)です。東名高速道路または中央自動車道を経由していけます。
忍野村周辺の民間駐車場に駐車可能です。料金は普通車300円〜。
◇参考サイト:おしのナビ | 駐車場
デートの際やみんなでわいわいしながら行くのも楽しそうですね。
◇参考サイト:レンタカーを探す | 旅楽

公共機関

電車とバスまたはバスのみを利用して行くことが可能です。料金は片道約2,000円〜4,800円くらいと高速バス、電車でも特急を利用するかどうかで変わります。
所要時間は東京駅からの場合、高速バスの2時間20分が最速です。料金も片道2,000円と公共機関の中で一番いい交通手段かと思います。
電車を使うと時間もお金もかかりますが、駅弁を食べながら行くのも悪くないですよね。また忍野八海行きのバスは本数も少ないので行きはバスと電車で帰りは高速バスなどと組み合わせるのもいいかもしれません。

◇参考サイト:高速バス 東京駅−富士五湖線 | 日本旅行 (東京発)
※山中湖旭日丘行きのバスより忍野八海へ行けます。

◇参考サイト:高速バス 富士五湖~新宿線 | フジエクスプレス (新宿発)

鈍行でいくと1900円台で行けますが4時間ほどかかります。公共機関を利用して安くいくのであれば高速バスがお勧めです。

また富士山駅までいき忍野八海・山中湖方面へふじっこ号という2日間乗り降り自由なフリークーポン(大人1,500円)がを利用して忍野八海へ行くことも可能です。周辺を満喫したい場合には良さそうです。
◇参考サイト:富士吉田・忍野八海・山中湖周遊 ふじっ湖号

バスツアー

バスツアー

バスツアーは行きたい場所を効率よく回るのに最適です。公共機関を利用してもそこそこの値段になりますし、バスの待ち時間なども気にしなくて済むので忍野八海へはバスツアーが便利かと思います。
また私と友達はお酒も楽しみたかったので車ではなくバスツアーにしました。
せっかくなので忍野八海だけでなく車がないと行くのが難しい富岳風穴・鳴沢氷穴にも合わせていけるツアーでいきました。
◇おすすめサイト:【新宿出発】河口湖・富岳風穴・鳴沢氷穴・忍野八海:富士山満喫1日ツアー (お昼つき/中国語と日本語対応)
安く抑えたい場合やショッピングをして帰りたい場合は、御殿場プレミアム・アウトレットにも行けるツアーがあり5,000円台でいけるツアー会社もあるのでお勧めです。
◇おすすめサイト:【新宿出発】富士山周辺の人気スポットをめぐる1日バスツアー

お手頃価格でいくのであればドライブかバスツアーがいいかなと思います。

忍野八海を探索した感想

忍野八海は友達がいいとこだよと言っていたくらいで特にどんな場所かは知らなかったので初めて見たときは水の透明度がものすごくてあまりの綺麗さに驚きました。

忍野八海透明すぎて魚が浮いているように見えて不思議な感じがしました。
心が洗われるという表現がぴったりの場所です。

水深8mの湧水口は奥行きがすごくて水底まで確認できて覗き込むと怖くなるくらい透き通っていました。

忍野八海

写真を撮るのが好きなのですが写真を綺麗に撮るのが難しくて夢中でとりました(笑)。
富士山も遠くに見えて綺麗。鏡池では水面に反射する逆さ富士と富士山を撮ることもできるのですが、私にはそんな技量はなかったです。

忍野八海時間帯など条件や取り方を調べて次回リベンジしたいと思います。

忍野八海周辺はのどかな雰囲気で散歩していて楽しめました。
お土産やさんやご当地の食べ物が売っていたりして誘惑も多かったです。
草餅

草もちは名物忍野八海にきたら食べたい名物です。道中食べ過ぎて食べ損ねました(笑)。

忍野八海は8箇所池があるので全て周りたい場合は行く前におしのナビより忍野八海巡礼ガイドをダウンロードしておくと便利です。
◇参考サイト:おしのナビ | 観光スポット
少し離れた場所にある出口池と有料施設内にある底抜池はあきらめましたが、なんとか他の池は見ることができました。近くにあるはずなのに地図を持っていなかったので少し迷ったりもしましたがそれもまた楽しかったです。

忍野八海の池を実際に訪れて見ることができて大満足でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です