メキシコの入国と出国手続きについて メキシコシティ

こんにちはKAOです。

アメリカでの乗り継ぎと共に謎めいていたメキシコの入国と出国の手続きについて書いて行きたいと思います。
arrivalちなみに利用したのはデルタ航空です。
乗り継ぎについては前回書いたので興味のある方は読んでいただければと思います。

出国

まず、日本での出来事としてチェックインカウンターへ行く前と搭乗ゲートの手前でお姉さんの雑談のような質問を受けます。「何しにいくんですか?」から始まり「何日間ですか」と続きます。日本語なのでさほど怖くもなく質問に答えて終了しました。終わるとセキュリティと書かれたシールをパスポートに貼られました。デルタ航空だけなのでしょうか。
飛行機へ搭乗する際も手荷物検査みたいなのを受けました。ランダムで選ばれるらしいのですが、最終目的地も選考基準に入っているんだそうです。
そしてアメリカへ。アメリカでの乗り継ぎについては前回の記事に書いているのでそちらを読んでいただければと思います。
○関連記事日本からアメリカ(LAX空港)乗り継ぎでメキシコへ

飛行機で

メキシコシティ行きのエアロメヒコ飛行機に乗った直後入国に必要な書類(入国カードというらしい)をもらいました。
immigration mexico事前に書き方を調べていたのですが紙が新しくなっていて内容が変わり困ったのでさらっと書く内容を書きます。
まず紙は上のパートと下のパートと分かれています。

□上のパート

1.First name(名)。
2.Last name(姓)。
3.Nationality(国籍)。
4.Date of birth(生年月日)。
5.Sex(性別)。
6.Passport No(パスポートナンバー)。
7.Country of residence(居住国)。
8.Immigration form or cardは持っていれば書く。
9.Purpose of trip(旅の目的)。Sightseeing(観光)など
10.Entering by(入国手段)、Air(航空機)を選択。
11.Airline or vessel name(航空会社名または船舶名)。
12.Flight No or vessel registration(便名または船舶登録名番号)。
13.State and city of destination in Mexico(メキシコでの目的地の州と都市)。
14.Address in Mexico(メキシコでの住所、ホテル名でもOk)。
最後に日付とサインです。(USOのカ所は記入しません)

□下のパート

下のパートは1~10まで上のパートと同じことを書きます。
下の部分はメキシコを出国する時に必要なので手続き後は無くさないようにします。

わかりやすい入国カード記入例を見つけたので不安な方はこちらもあわせてご確認ください。
参考サイト:メキシコ合衆国 入国カード 記入例 | AEROMEXICO

入国

入国の紙は適当に埋めて、メキシコシティへ降り立ちました。ちなみにデルタ航空はターミナル2です。

terminal2 at Mexico city
前を歩く人について行き入国審査へ。
入国審査は小さな飛行機だったので人はそんなにいなかったのですが進むのが遅くて15分くらい待ちました。

いざ自分の番になると紙が全部埋まってないから書いてきて、と追い返されました。
全部埋めたつもりだったのでどこを書くの?!と聞くと下のパートを指差されました。
この時は入国審査の人が書く場所なのかと思っていました(笑)。
ということで適当に埋めてまた並びます。

列の少し前の人が入国審査の時に別室へ連れて行かれたので私もビビりながら待ちます。そして私の番に。
聞かれたのは「何日間の滞在なのかと」いうことと「来た目的」の2つだけでした。
アメリカ経由だと質問が多いと聞いていたのであっさり終わってびっくりです。
ちなみに以前はボタンを押すと赤か緑のランプが光り、赤だと質問されるという仕組みだったそうです。全員審査を受けるようになり以前よりは入国審査は厳しくなったようです。

入国審査を終えたら荷物をとってあとは出るだけです。
メキシコ人の友人に聞いた話では荷物はトイレなどによらずにまっすぐ取りに行くべきらしいです。荷物を取られてしまうことがあるのだとか。問題なく荷物をゲットしましたが、最近はメキシコにかかわらずRIMOWAなどのハイブランドかつ人気のスーツケースは盗難の被害にあっているという噂を聞いたので注意した方がよさそうです。

出国

出国の際は、チェックインカウンターでまた来た目的と滞在日数をきかれました。
質問に答えると日本と同じセキュリティのシールを貼ってもらいます。

チケット発券前にアメリカを経由する場合はエスタの紙(申し込んだ時の申請画面)を用意しておくとスムーズです。

スマホ画面を保存しとくのでも大丈夫だと思いますが紙が安心です。エスタの紙が無いと最悪チケット発券してもらえないらしいです。
アメリカ以外でも経由地や最終目的地のビザは用意しておきましょう。

チケットをもって出発ゲートへ。出国審査ではなく荷物検査があります。
結構細かく見られてカバンの中の電子機器は全部出すことになりました。
けれどもそれさえ終われば飛行機に乗るだけです。結構さっぱりしていますね。

入国審査はいつも緊張してしまいます。どなたかの参考になれば幸いです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です