ヘルシンキ空港を乗り継いできた (フィンエアー)

フィンエアーを利用してスウェーデンのヨーテボリへ行ってきました!!

Helsinki_airport_11 その際にヘルシンキ・ヴァンター国際空港を乗り継いできたので感想を書きたいと思います。

 

 

○ヘルシンキ・ヴァンター国際空港について

ヘルシンキ・ヴァンター国際空港はヨーロッパ方面への中継地点として乗り継がれる方も多いのではないでしょうか。いろいろな都市ヘ向かう為のハブ的な空港であるため空港内はとても広かったです。

 

○乗り継ぎについて

成田からヘルシンキへ無事に到着したら「Transfer(乗り継ぎ)」の看板を見ながらガツガツ進んでいきます。
Helsinki_airport_1途中で荷物検査も受けました。成田でクリアしているので安心して検査に挑めます。水分は透明の袋、パソコンは出すなど同じ流れです。
歩いていくと案内のディスプレイがあるので次に自分が乗る便の搭乗ゲートを確認します。(チケットはすでに成田で発行済、無い場合はサービスデスクへ)
Helsinki_airport_2 搭乗ゲートを確認したらその番号の方へ進んでいきます。番号も大きくて見つけやすかったです。
ゲートへ向かう前に入国審査が行われます。

Helsinki_airport_3 日本人はなにやら怪しいマシーン(自動化ゲート)を使うことで、入国審査を済ますことができます。

怪しいと言っても使ってみると簡単でパスポート(ICチップ入りのみ対応)をSuicaのように当ててゲートに入り、写真を撮ったら終わりです。その後、係の人がパスポートにスタンプを押してくれて、終了です。英語での質問もいろいろなサイトで確認してみた限りなさそうです。

ちなみに私は乗り継ぎに時間の余裕があったので、ゲートを通ってしまうとお店などが少ないため、通る前に北欧雑貨などのお店をみたり、ご飯を食べたりと時間をつぶしてから再びゲートへ向かいました。

すると自動化ゲートが閉まっておりました!!

どうやら日本からの便が到着してからすぐの混雑している時間帯以外は閉まっているようです。
仕方が無いので自動はあきらめて普通に入国審査を行いました。

質問は英語で「何日間の滞在か」、「目的は何か」くらいでした。

ヘルシンキ空港での乗り継ぎはわかりやすい印象です。ついてしまえば何とかなる気がします。
入国審査が不安な方はなるべく早くゲートをくぐってしまうのが良さそうです。

帰りは自動化ゲートを使ってゲートを通りました。最後にスタンプをもらうだけで簡単でした。

 

○ショップについて

ヘルシンキ・ヴァンター国際空港は広くてお店も充実している印象です。
(9-31ゲート内は比較的お店は少ないです。9-31以外のエリアがショッピングの主なエリアになります。乗り継ぎでも日本へ帰る場合は最終的にメインのエリアを利用することになると思います。)

参考サイトヘルシンキ空港 ショップ一覧 (英語)

おしゃれな雑貨が売っているお店などいろいろありましたが、ざっくりヘルシンキ空港ならではの有名そうなお店を紹介したいと思います。

○ムーミンショップ (Moomin Shop)

Helsinki_airport_5 ムーミンショップでは、その名の通りムーミングッズが売っております。
Helsinki_airport_7 ムーミンはフィンランド生まれのキャラクターなのでフィンランドのお土産には最適そうですね。乗り継ぎなのでフィンランド気分にひたろうと店内を物色してみました。マグカップとかポーチなど可愛らしいものが多かったです。

○マリメッコ (Marimekko)

フィンランドのブランドであるマリメッコもフィンランド空港では人気なお店ではないでしょうか。
Helsinki_airport_6 空港内のWiFiを利用して、日本での価格との違いをチェックしながら欲しい商品を物色してみたところ、あまり金額は変わりませんでした。円安の力を感じます。
Helsinki_airport_4 高額商品であれば免税になるので税金分浮きそうです。

○免税店

Helsinki_airport_9 免税店も広くて商品が充実していました。
フィンランドで有名なチョコレートFAZER(ファツェル)も売っていました。試食もさせてくれて、味を確認できて良かったです。もちろん美味しかったです。
日本でも買えるのですが倍くらい高かったので、空港の方がお買い得でした。
他にもお土産に最適なお菓子や化粧品、お酒など定番の免税品がそろっていました。

人気のお店は行きは比較的空いていたのに対して帰りは激混みでした。やはり帰りに集中するのでしょうか。行きに時間があるかたは商品などをチェックしておいて、すぐに買える準備をしておけば乗り継ぎの時間に余裕ができるかもしれません。

 

○免税手続きについて

空港内のマリメッコなどのお店は残念ながら免税ではないので、高額商品を買った場合は空港内の30番ゲート近くにあるTAX REFUNDSで手続きが行えます。

日本へ向けた便が出発する前は混雑がすごかったです。
Helsinki_airport_8 早めに手続きを済ませるのが良さそうです。

手続きについてはJALのサイトがわかりやすかったので、そちらをご確認されると良いと思います。

参考サイト免税制度について(JALサイト)

ざっくり必要なものを書いておきます。

● 免税の書類(事前に購入店でもらいます)
● パスポート
● 購入した商品(未開封)
● クレジットカード(口座に返金する場合)

 

○その他設備について

ヘルシンキ空港内はおしゃれで休憩エリアがとても可愛らしかったです。

Helsinki_airport_10

かわいいだけでなく電源やUSBコネクターでの電気供給エリアもありケーブルを持っていれば携帯の充電もできました。フリーWi-Fiも飛んでいるのでネット接続も可能でした。

アート作品の展示もしていて、時間を持て余している時の暇つぶしには最適そうでした。

Helsinki_airport_12

フィンランドのアーティストの展示や町の歴史などの展示がありました。展示は定期的に変わるようです。

 

○まとめ

ヘルシンキ・ヴァンター国際空港での乗り継ぎはわかりやすかったです。また有意義に乗り継ぎの時間を過ごすことができました。
乗り継ぎが怖かったので時間を3時間以上開けていたのですが、あっという間でした。
フィンエアーでのロスバゲージも無く快適な空の旅でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です