人でにぎわうウォーター・ルー(WaterLoo)駅 in ロンドン

ウォーター・ルー(WaterLoo)駅はテムズ川の近くにある鉄道と地下鉄のあるおおきな駅です。ウォータールー・イースト駅も歩いて5分のところにあるようです。
Waterloo_st_5 ウォーター・ルー駅は地下鉄だけでも4つも走っていることからも大きさが想像できるかと思います。(ノーザン・ジュビリー・ベーカールー・ウォータールー&シティー線)。
ここからイギリスのいろいろな都市にアクセスすることが可能です。

 

 

外観もでかいです。
Waterloo_st_1駅の中は都会的でおしゃれなのですが外観は歴史ある雰囲気でかっこいいです。
Waterloo_st_8 駅周辺も散策してみましたがビジネスエリアなのか高層ビルがあったりと都会的でした。
ただちょっと迷うと薄暗いトンネルとかあって少しビビりました。でも人が多いので駅周辺の治安は良いように感じました。
Waterloo_st_6 駅の中はとてもきれいです。どことなくイタリアやフランスなどの雰囲気も感じられる素敵な駅です。
Waterloo_st_3 テレンス·クーネオ(Terence Cuneo)さんの銅像も駅の中にドーンとあってなんかかっこいいです。せっかくなのでテレンスさんを調べてみました。
エリザベス女王の戴冠式(たいかんしき)の公認アーティストだとか。1996年(享年88)にこの世を去られています。イギリスでは有名な画家で鉄道の絵などを描かれていたようです。きっと鉄道好きだったのでしょうね。駅に銅像として飾られるなんて電車好きとしては羨ましいですね。

また日本食ブームの影響をものすごく受けているようで、おすし屋さんやらうどん屋さんやらをみかけました。
Waterloo_st_10 お寿司屋さんは日本人からすると美味しくなさそうなのですが、レジを待つお客さんが列をつくって並んでいるほど混んでいました。なんとなく誇らしげな気分に浸りましたw
もちろん他にもお店は豊富でクリスピー・クリーム・ドーナツやパニーニ屋さんなどがありました。朝から電車でどこかへ旅立つ人も朝食をゲットできるのではないでしょうか。
平日は6:00ごろから開いているお店もあるようですし、土日は少し遅く7:00ごろから開きだすようです。夜も22時くらいまで開いているお店が多いそうです。
(下記URLより詳細はご確認ください)
Waterloo_st_4 上の階からは駅を見渡すことができました。なかなかの迫力で奥にはかわいらしい列車の姿も見えて電車好きとしては満足気分でした。
日本とは違う雰囲気ですし写真を撮るのもおすすめです
Waterloo_st_2 ここからウインザー城(Windsor Castle)まで行くことができます。他にも頑張ればいろいろいけるのでしょうがw
ウインザー城については別でウインザー城へ電車での行き方(窓口チケット購入編) という記事を書きましたので興味のある方はそちらをご覧頂ければと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です