砂丘でサンドボーディングしてきた!in ポート・スティーブンス

こんにちは、KAOです。

オーストラリアの観光地、ポートスティーブンス(Port Stephens Council)シリーズ最後にして個人的には最大のイベント砂丘でのサンドボーディングについて書いていきたいと思います。
サンドボーディングサンドボーディング、またの名はサンドボードとは簡単に言えば、砂丘を滑り台のように板に乗って滑るアクティビティです。砂丘には4WDで向かい、楽しいドライブもできました。

私はシドニー発のツアーを利用してポートスティーブンスへ行ったので、イルカウォッチングのあとの最後のイベントが砂丘でした。
砂丘に着くと、生まれて初めての広大な砂丘にびっくりでしたが、驚いている間も無く4WDに乗り込みます。
サンドボーディング 4WD4WDは砂丘を走っているため、ものすごい揺れるのでツアー客で「おー!」とか「わー!」とかいいながら楽しみました。車酔いしやすい体質ですが5分くらいでしょうか、短かったこともありそこまで気持ち悪くなりませんでした。
4WDを降りたらサンドボーディングできる場所に到着です。すでにたくさんの人たちが滑っていました。

簡単なレクチャーを受けたら荷物をその辺に置き、靴も脱いでサンドボーディングに備えます。
そしてボードをゲットしたら滑るために砂丘を駆け上がります。
サンドボーディングが、ものすごいしんどい。足が砂で滑ってなかなか上までたどり着かない(笑)。
それでも5分もしないうちにサンドボードのスタート地点に到着。
サンドボーディングなかなかの高さで景色は抜群。けれどもビビリなので滑るのを躊躇してしまいます。
友達には先に行ってもらい、下で待つ友達に追いつくべく意を決して滑ります。

滑ってみるとものすごい楽しい。バランスをとるのが難しくてたまに転んだりしますがやみつきです。
サンドボーディング友達もはしゃいでいて、子供の頃を思い出します。

もう一回滑りたい!とまた砂丘を駆け上がりますが、しんどい。
2回目は躊躇うことなく滑れましたが、疲労困憊で少し休憩です。

その後友達は3回目のサンドボーディングへ。
友達が滑り終えた頃、ツアーガイドさんに4WDへ戻るように言われてサンドボーディング終了です。
滑ろうと思えば4回くらいはサンドボーディングで遊べたと思いますが体力勝負です。

ツアー参加者の中では一足早く戻ってきたので砂丘近くのビーチを散策。
サンドボーディングビーチでは海で遊ぶ人がたくさん。砂丘とビーチって合いますね。
そしてラクダに乗ってビーチや砂丘を歩くアクティビティをしている人たちを多くみました。
サンドボーディング, ラクダ砂漠でラクダに乗るなんて優美で羨ましい。
そういえば個人的には砂丘では4輪バギーに乗りたかったのですが高かったのであきらめました。

サンドボーディングで充分すぎるほど、オーストラリアの砂丘と大自然を満喫できました。
サンドボーディングポート・スティーブンスのツアーはこれでおしまいです。
バスに乗ったらシドニーへ戻ります。
大満足のツアーでした。

今回私が利用したツアーは下記になります。早割などもありますので興味のあるかたは確認してみてください。(開催曜日:月、水、土)
参考サイト:VELTRA|ポートスティーブンス(イルカウォッチングクルーズ、砂丘4WDツアー)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です