富山から金沢まで高速バスで行った感想 〜週末北陸旅行〜

富山駅からバスで金沢に行った時の感想を書きたいと思います。

富山から金沢への交通手段は下記記事にまとめました。

それでは高速バスについて書いていきたいと思います。

高速バスについて

高速バス

北陸鉄道株式会社と富山地方鉄道株式会社が富山駅前↔︎兼六園下を運行しています。バスはざっくり30分おきか1時間おきにやってきます。

富山線の情報(時刻表など):http://www.hokutetsu.co.jp/highway-bus/toyama

料金

料金は大人930円です。こどもは470円。

バスの料金支払い方法

バスへは予約なしで乗車できます。(予約受付はしていません)

料金は後払いで、現地では両替はできないと注意書きされていたので一応、小銭を用意しておくといいかもしれません。しかし、バスの中では両替している人がけっこういました。運が悪いと無くなることもあるのかもしれません。

バスの下車先

兼六園

ちなみに金沢駅だけでなく高速バスは兼六園下にも止まるので、兼六園や金沢ミュージアムなんかも徒歩で迎えます。金沢東警察署前からは徒歩だと少し遠いですが、ひがし茶屋街までいくことができます。

富山駅前からバスに乗車

富山駅8時発のバスに乗るべく、15分前にバス停につきましたが、すでにバスを待つ人たちの列ができていました。

富山駅バスロータリー

バス停はロータリーなのでわかりやすかったです。

バスは5分前にやってきました。富山駅前を出発する頃にはすでにほぼ満席状態でした。

富山駅よりも富山市役所前の方がホテルから近かったので、そちらの方が気持ち時間に余裕を持てるし、富山市役所前から乗車しようかとも思ったのですが乗り場にたどり着けるか自信がなかったのでやめましたが正解でした。市役所前から乗車していたら、友達と並んで座ることは不可能だったことでしょう。
市役所駅前よりは頑張って富山駅前から乗るべきだなと思いました。

大きな荷物もバスのしたに積んでもらえました。

高速バスの設備

1時間ほどのバスの旅は快適でした。

バスのフリーWi-Fiは期待していなかったのですが、普通に使えました。優秀です。
電源タップもあるのでスマホの充電もできるのでポケモンGoやドラクエウォークできて楽しめました。

下車方法

バスには「止まります」ボタンがあるので押さなければいけません。

東警察署前

高速バスなのであると思っていなくて金沢東警察署前では降りるのが我々だけで運が悪いと下車できなかったですが、誰かがその手前の駅で降りて押してくれてて助かりました。

その他

道中の景色は結構つまらないなという印象です。まぁ1時間ほどのバスの旅ですし。金沢の面白ゾーンに入る手前で下車したからかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です