有名なプティン屋さんLa Banquiseに行ってきた! in モントリオール

カナダの名物Poutineはプーティンなのかプティンなのかどちらが日本語的に正しいのかわかりませんが、モントリオールで美味しいと有名なLa Banquise(ラ バンキーズ 以下バンキーズ)でプティンを食べてきました!!
ちなみに「banquise」はフランス語で「海氷」という意味のようです、おしゃれ〜。

プティンは食べた方がいいとは聞いていたもののバンキーズを知らなかった私に、「有名だよ」と友達が案内してくれました。

モン・ロワイヤル(Mont-Royal)駅から徒歩10分の場所にあるバンキーズ。
La Banquiseお店の外観はオレンジで少し遠くからでも見つけられました。人の出入りも多く賑わっている印象です。

私と友人は観光していたこともありノートルダム大聖堂から40分ほどかけて歩いていくことにしました。観光しながらだったのでそれほど遠く感じませんでしたが、結構な荷物を持っていたことと坂もあって疲れました。

途中で中国人の方に「プティン屋行くの?」と話しかけられ、やはり観光客はバンキーズに行くんだなと期待が膨らみました。

店内に入るとお持ち帰りと店内とで分かれていました。

La Banquiseランチタイムを避けて夕方4時頃に行ったこともあり、すぐに席に案内してもらえました。
それでも、店内はほぼ満席状態でした。

La Banquise

ランチタイムなら待たないと座れないかもしれないですね。

さっそくメニューを見ながらどのプティンを食べるか考えます。
その時に一番食べたかった、おそらく定番のLa bacon(ベーコンプティン/レギュラーサイズ9ドル)にすることにしました。
チキン、ソーセージ、オニオンリング、フライドピクルスなどなどトッピングできる様でした。
グレイビーソースはトマトベースのソース、チーズカードはモッツァレラに変更も可能です。

友達とシェアで食べる予定だったので、サイズを大きくしようか友達に聞くと、レギュラーサイズでも充分大きいからグランデサイズにはしない方がいいとのことでした。友達曰く、プティンでお腹いっぱいになるとのことです。
プティンの他にハンバーガー、サラダやサンドウィッチもありました。
他も気になりますがひとまずプティンだけにしてお腹の具合を様子見することにしました。

待つこと数分ベーコンプティンの到着です。

La Banquise見た目からしてもう美味しそうです。

食べてみても期待を裏切らない美味しいプティンでした。40分かけて歩いてきた甲斐がありました。
取り皿も持ってきてくれてシェアしやすかったです。
ビールとも合ういい塩加減でした。ソースとチーズカードたっぷりつけて食べるのが美味しいです。

食べていると友達の行った通りプティンはなかなか量はあるけれど、美味しいしお腹も空いているし足りないんじゃないかと思いました。
しかし、食べ終わってみればお腹いっぱい。空腹女性2人で食べてもレギュラーサイズでお腹いっぱいでした。

モントリオールではモントリオールスモークミートサンドとプティンは必ず食べた方がいいと観光中カナダでよく耳にしました。
プティンはフランス生まれとも言われているようで、カナダであればモントリオールとケベックでプティンは特に有名ですよね。
そして個人的にもどちらも食べた方がいいと思いますので、足を運んでみてはいかがでしょうか。

La Banquise(ラ バンキーズ)情報

住所:994 Rue Rachel E, Montréal, QC H2J 2J3 Canada
営業時間:24時間
定休日:なし
ホームページ:http://labanquise.com/en/(英語)
地図

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です