ウォレス・コレクションへ行ってきた at ロンドン

こんにちはKAOです。
イギリスのロンドンを訪れた際に美術館のウォレス・コレクション(The Wallace Collection)へ芸術を見に行ってきました。
見に行った理由はずばり、芸術が好きだからではなく無料で入れるからです。
楽しかったので、日記程度に見てきた感想を書きたいと思います。

ボンドストリート(Bond Street)駅とベイカーストリート(Baker Street)駅の間にありどちらからもだいたい歩いて10分ほどの場所にあるウォレス・コレクション(ややボンドストリートが近い)。
油断すると迷子になるので、通りの名前をきちんと確認して歩くのをおすすめします。

うまく到着するとロンドンの町並みに溶け込む美術館に到着です。

でかいので結構見つけ安いです。

無料の施設に入る時に受付嬢に寄付を求められることなどがあるのですが、こちらは特に何もなくすっと入ることができて安心しました。

安心したのもつかの間、英国紳士に話しかけられました。何を言っているか聞き取れませんでした。
よくわからなかったので笑顔でスルーしました。
こういう時わからないと申し訳ないし不審者みたいな風になっちゃうんですよね。
通り過ぎてから落ち着いて振り返ると英国紳士のお兄さんは他の人にも話しかけており、理解しました。どうやらクロークを私に勧めていたようです。
リュックとかコートを預けられます。素直にもう一度聞けばよかった。

さて中に入ると家のような雰囲気です。
鮮やかな食器などが展示されているエリアを見て回ります。
イギリスの人がアフタヌーンティー好きな理由が少しわかる気がします。
こんな素敵な食器でお茶してみたいものです。

勝手に小さい美術館だと思い込んでいたのですが、思っていたより広いです。
絵もものすごくたくさんあります。油絵が多く見ごたえがありました。
歴史とかはわからないですが、わからないなりに素敵な絵だなとかお気に入りの絵とかみつけたりと楽しめました。

展示はこんなものかなと思い帰ろうとしたものの、まだ使ってない階段があったので、進んでみると甲冑が。
閉館時間も近づいているせいなのか、みんな見落としているのか人が少なく不思議な雰囲気でした。
ゆっくり見て回る時間がなく家具などもありました。

カフェもありました。
10ポンドあればお茶とケーキが食べれそうな価格設定でした。
甲冑エリアとは違って爽やかなで優雅な雰囲気でした。

お土産やさんもきちんとありました。
私のお気に入りの作品のモチーフのものはなく残念でしたが種類豊富に売っていました。
こちらも時間がなくゆっくりみることができませんでした。

思っていたよりも、すごい広かったです。
早く気づけばよかったです。
無料とは思えない見ごたえと満足度で帰ることができました。

□ウォレス・コレクション情報
ホームページ:http://www.wallacecollection.org/
営業時間:10am – 5pm
休館日:12月24日、25日、26日
電話番号:+44 (0)207 563 9500
住所:Hertford House Manchester Square London W1U 3BN
地図

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です