セブ島でのタクシー移動についての感想 in フィリピン

初の1人現地入りでフィリピンのセブ島に訪れてみました!

cebu_beach_1一人で現地入りしたもの、その際に不安なのが移動手段です。

どうやら空港からやフィリピンの街の移動手段で一番便利なのはタクシーです。
しかしネットで検索したり、人に聞いてみるとフィリピンのタクシーはぼったくりが多いとのこと。
一応か弱き?女性である私は無事にタクシーに乗れるか不安です。

ぼられないためには事前に相場を知り運転手さんと交渉したり、メーターを使ってほしいなどの英語のやり取りが発生するのです。
また空港からの場合、タクシーを降りる時にスーツケース乗せたまま走っていかれないように注意しなさいともネット上に書き込みがありました。
世間知らずですしうまくやれるか不安です。

しかーし!!うまく使えれば近くのショッピングモールからホテルまで150ペソ(450円)など日本に比べてリーズナブルなので便利なのです。

 

 

●はじめに感想

まずエピソードトークが長くなってしまったのでその前にさらっとセブでタクシーに乗った感想ですが、基本的には優しいタクシーの運転手さんが多いです。

メーターを隠していたり、初乗りが40ペソなのにスタート金額が37ペソとかになっているタクシーは怪しいです。黄色でも白でも同じでした。何十回かタクシーに乗って高額請求や交渉の際に高額を言ってきたタクシーは全てそうでした。

良い運転手さんはメーターが見やすい位置にあることが多いです

良い運転手さんはメーターが見やすい位置にあることが多いです

ただし観光名所や空港、ホテルの近くなどの観光客の多い場所には、良くない運転手が出没しています。

全員がそうではないのでしょうが、メーター隠していて、運転と共に40ペソでスタートしないやつは怪しいです。
タクシーに乗ってしまったが最後、走り出してしまうと恐くてなかなか言い出せないので、乗る前の交渉がとても重要と感じました。
行き先を伝えて相場より高く言ってくるタクシーもありますが、乗らなきゃいいのでその辺は交渉でなんとかなります。個人的にはメーターが正規でないほうがよっぽど恐かったです。

●空港からのタクシー移動

空港の外に出るとすぐにタクシーの案内がありました。白ではなく黄色いタクシーが正規のタクシーと聞いていましたが看板によると黄色がメータータクシーで白が交渉?タクシーのようです。

cebu_taxi_1

さっそくビビりながらタクシー乗り場へ。私が最初に滞在するホテルは空港から近いので、最悪の場合は歩こうと事前にきめていました。
乗り場へ近づくとすぐに係のおばさんに捕まり、タクシーに乗るのか?と聞かれ腹をくくって目的地のホテル名と事前に印刷しておいた地図を渡しました。

すると今度はおばさんが別のおじさんに説明してバトンタッチ。
おじさんにタクシー来るまで待っててねと言われてしばらくするとタクシー登場。
cebu_taxi_2

あなたの乗るタクシーは38番だよと紙を渡されました。
タクシーでひどい目にあったりしたらこの番号を持って警察へ行くようです。

cebu_taxi_1(帰りも空港の敷地内に入ったら警備員さんのところで一度タクシーが止まりもらえました)

ここまでは順調だったのですがが、親切だったおじさんが重いスーツケースをタクシーに乗っけたのだからチップをくれと言い出しました。
しかし空港に降り立ったばかりで小額の紙幣をそんなに持ち合わせていなかったので、片言の英語で今持っていないから払えないと伝えました。
それでもなんやかんや言われて不安に思ったので、タクシーの料金はいくらか確認したら300ペソと言われました。
それは高すぎるだろうと抗議したら200ペソにまけるよと言われました。

それでも高いだろうと感じてタクシードライバーにこのタクシーメータータクシーじゃないのか?と聞いたらあるよとのこと。
しかしメーターが見当たらない。本当にあるのかと聞いたらドライバーの前にある太陽避けを持ち上げメーターを見せてくれました。

もしかしたらメーターを隠してぼろうとしたのかもしれないと疑心暗鬼になりながらもメーターをみて安心して乗車。
始まりの金額はなぜか37ペソくらいでした。

この一連の流れで荷物を乗せて案内してくれたおじさんはチップを諦めてくれていました。

おじさんは運転手じゃないのになぜ運賃を高額でふっかけてきたのだろうかと思うと全員ぐるなのではと思い恐かったです。

運転手のお兄さんがタクシーを走らせると一応メーターが小額ずつきざんでいます。(初めて乗るので感覚がわからない)

cebu_taxi_5

変な道に行くんじゃないかと不安になりながら地図を片手に道を確認しましたが最短ルートで走行してくれて無事にホテルに到着です。

88ペソほどでホテルにつきました。
300ペソってどんだけぼってんだよと思っていると、お金の支払いの前にお兄さんがタクシーをおりました。
疑心暗鬼継続中なのでどういうことか理解できずにいたら、お兄さんは荷物下ろすよとのこと。
自分も慌てて降りて荷物を受け取ろうとすると今度はホテルのお兄さんが現れ荷物を下ろして案内しだしました。

とりあえずタクシーの運転手さんに100ペソを渡し、これでいいですかと聞くとチップチップと言い出し200ペソにはねあがりましたが、88ペソを100ペソで支払っているし、高くね?と顔でアピールしました。そうこうしてると私の荷物はホテルのお兄さんが持っていくのでまずいと思いホテルのお兄さんについていくことにしました。

するとホテルのお兄さんはタクシーの運転手さんにお金はもらったかと確認してタクシーの運転手さんももらったと言って去ってくれてタクシーチップ抗争は幕を閉じました。

こうしてなんとか空港からホテルにたどり着きました。

そして次の日にホテルの人と話していたら、どうやら昨日のタクシー運転手さんはぼっていたらしいです。ホテルまで80ペソもかからないのではと言われました。

空港のタクシーはどうやら危険なようです。空港から遠くのホテルに移動される方は事前に相場を調べておいたり、ホテルに送迎がないか確認しておくと良いと思います。
またお金も最低でも100ペソ単位で持っておいた方が安心です。通常の運転手さんはおつりをくれますが、空港のタクシーは警戒した方が良いです。

少し高くても嫌な思いをしたくないという方は事前に送迎を申し込んでおく方法もあります。

・参考サイト:フィリピンのオプショナルツアー予約なら VELTRA

●夜のタクシー移動について

朝方や深夜帯にタクシーに何度か乗りました。深夜料金もないのでとても便利です。
また私の場合は夜だから特別危険ということも無かったです。

だがしかし夜の困る点は”なかなかタクシーが見つからない”という点です。

金曜日の夕方からは遊びに出かける人も多いので、タクシーはたくさん走っているのに空車がなかなかみつかりません。

また帰りの飛行機は早朝の便だったので深夜3時にタクシー探しをしましたが、その時間帯は走っているタクシーがおらず困りました。

運が良かったのかもしれませんが、だいたい15分ほど探せば乗れることが多かったです。
早朝便で帰国する際は時間に余裕を持った方が良さそうです。深夜の道は空いていました。

cebu_taxi_6また夕方から21時頃までは交通渋滞が発生しているので、所要時間が長くなりその分料金も高くなります。

 

●怖いタクシー

一度だけセブのタクシーで怖い思いをしました。

マクタンから滞在先のエリアに帰る際に、怪しいタクシーに乗車してしまいました。

観光地のエリアで怪しかったので乗るのをためらっているとなんで乗らないんだ!と声をあらげてきます。人を見かけで判断するのも悪いかなと思ったのが間違いでした。直感は当たりました。

メーターを使っているけれどなぜか布で隠されていて料金が見えないのです。

走り出してしまったし、同乗者もいるので身勝手な行動もできず、ガソリンもなくなってきて、エンストしまくっているしで、早く降りたくて滞在先周辺で降ろしてもらいました。

するとメーターにはありえない価格が。700ペソ!!700ペソといっても2100円くらいでしたが相場の2倍以上です。しかも同乗者全員がその金額を払えと言ってきました。本来であれば、300ペソくらいだというのに。ありえない。

高すぎると言うと、運転手も豹変して警察呼ぶぞとか怒鳴ってきます。こちらも呼んだら良いよともめて、500ペソ支払って下車したところ運転手が外まで出てきて私のカバンや財布をつかんできました。ちょーーーーーー怖いです。

それでも友達と応戦して、プラス250ペソを支払ってなんとか逃げることができました。
追って来なかったのは運転手的にも充分に儲かったからだと思います。

750ペソで命も無事だったので良かったと思うことにしています。

 

●運悪く怪しいタクシーに乗ってしまったら

運悪く怪しいタクシーに乗ってしまったら、必ずタクシーに書いてある番号を覚えておきましょう。写真を撮っておいたりすると良いと思います。

cebu_taxi_4
余裕があれば車のナンバーも控えておくと良いです。車のナンバーの方が確実そうです。
何かあった時に警察にいくにしても、ナンバーが無いと警察もどうにもならないようです。

またホテルならばきちんとホテルのエントランスなど警備員や人通りのある所でおりましょう。誰もいないところで降りると当たり前ですが誰も助けてくれません。

また警察にいかないにしても、恐い思いをしたことを報告できるサイトがあります。
taxikick
公式なのかはわかりませんが、書くことで鬱憤をはらす事ができます。
また、サイトを見てみると被害の多さに驚かされます。

参考サイト:TaxiKickホームページ(英語)

みなさま、フィリピンでのタクシー移動はお気をつけて。
基本的に観光スポット以外ならば変な運転手さんも少ないので、警戒していれば怖い思いもしないと思います。
使えれば便利なタクシーなので交渉頑張ってください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です