ロンドンで当日券でミュージカルを見てきた!(オペラ座の怪人)

こんにちはKAOです。

ロンドンに行った際に、急にミュージカルを見に行こうということになり、チケット売り場で当日券を購入してミュージカルをみてきました!

The_Phantom_of_the_Opera_2
事前に予約したい場合は直接上映中のミュージカルのサイトから予約(英語)するか、旅行サイトから予約できます。
参考サイト:【JTB】ロンドンのミュージカル オプショナルツアー
参考サイト:イギリスのオプショナルツアー予約VELTRA

当日は売り切れも多く、セールしていることもあるので、一度確認してみるといいと思います。
またミュージカルサイトから直接予約する場合は、座席が指定できます。

ではさっそく本題へ。
 

 

☆チケット購入編

当日ということもあり、見たいミュージカルも決まっていなかったので、総合案内しているオフィシャルのチケット売り場TKTSへ向かいます。
電車の最寄り駅はレスター・スクエア(Leicester Square)とピカデリー・サーカス(Piccadilly Circus)になります。

tkts.co.ukより

tkts.co.ukより

営業時間は10:00 – 19:00(月〜土曜)、11:00 – 16:30(日曜)です。
参考サイト:TKTSホームページ
※情報は変わることもあるので詳細はホームページをご確認ください。
※近くにオフィシャルじゃないお店が多いので値段が違ったり、トラブルになる可能性もあるので間違えないようにしましょう。

TKTSに着いたら、まず案内板で売っているチケットと料金を確認します。
tkts_3劇場で直接チケットを購入することもできますが、TKTSでは劇場料金より当日券が安く設定されているものも多くお買い得です。
見たいものを決めたら窓口へ行きチケットを購入します。
tkts_2
やりとりは英語で行われます。わりと空いていました。

当日含め3日間の販売しているチケットの料金であればホームページ上のWhat’s on saleで確認できるので、英語に自信がない場合はその画面やメモを見せれば購入できると思います。

ちなみに私の場合18時ごろにTKTSへ行き案内板載っていたレミゼラブル(Les Misérables)を見ようと思ったら、僅差で誰かに購入され売り切れになってしまいました。
そこで第二候補だったオペラ座の怪人(The Phantom of the Opera)を見ることになりました。
時間も時間でしたが当日券なので希望できるものが買えればラッキーくらいの感覚で挑むといいと思います。

クレジットカードまたは現金で購入できます。

購入できたらチケットとシアターまでの道のりの載っているパンフレットみたいな物をもらえます。

tkts_1
あとは劇場に向かうまでです。

☆オペラ座の怪人感想編

劇場の場所がわかったらお腹がなったら恥ずかしいので、軽くカフェでご飯をすませます。
中は特に飲食禁止ではなかったですがミュージカルは2時間30分と長いですしね。
The_Phantom_of_the_Opera_3
ちなみにオペラ座の怪人は1986年の9月17日からハーマジェスティズシアター(Her Majesty’s Theatre)で上映していてもうすぐ30年の記念すべきときです。
劇場も1705年に建てられており、全焼してしまい1897年に立て直されて歴史も感じられます。
そんなシアターでミュージカル鑑賞なんていい経験ができました。
参考サイト:HER MAJESTY’S THEATRE WEBページ
初見だし英語なので途中置いていかれましたが、歌の迫力や演出に驚かされました。
あっという間の2時間30分でした。

ちなみに第一幕と第二幕の間の休憩時間にはハーゲンダッツのアイスが売られます。
これがここでの定番メニューらしく買っちゃいました。
The_Phantom_of_the_Opera_4
劇場でアイスってなかなかの発想ですよね。
いつものハーゲンダッツでしたが、おいしかったです。

ロンドンで素敵な夜を過ごせて満足な1日でした。
時間とお金に余裕があればもう少しいい席で見たかったです。
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です