クリスマスマーケットに行ってきた in ゲント

こんにちはKaoです。
久しぶりにリアルタイムな投稿をしたいと思います。

ただいまベルギーに来ており、ブリュッセルから電車で30分ほどの場所にある街Gent(蘭)/Ghent(英)(ヘント/ゲント)に滞在中です。
冬のベルギーがこんなに雨が多いとはと少しめげていましたがクリスマスマーケットが始まったので見に行ってきました。(2018年12月7日から2019年1月6日まで)
xmas marketその日は運良く夜には雨が止み、楽しみ倍増です。





道中はあまり人がおらず、もしかしてクリスマスマーケットってそんなに賑わっていないのかなと不安になりましたが、着いて見るとたくさんの人ですでに賑わっていました。
xmas marketどうやら雨など気にしないベルギー人たちはすでに楽しんでいたようです。

クリスマスマーケットでは150もの出店が出ておりさっそく見て回ります。
ワッフルやクレープ、ホットドッグ、ピザ、パスタなど幅広い食べ物が誘惑してきます。
xmas market crepe甘い誘惑に負けてクレープを食べることにしました。
こちらの屋台のクレープはシンプルで生地とソースだけ。
ソースはキャンディシュガー、花砂糖、フラワーゼリー、いちごジャム、チョコ、Speculoos poeder(クッキーの粉みたい)から選べました。
生地もホワイトとブラウンで選べました。
屋台にいるときは何が売られているか謎だったので無難にホワイト生地とチョコを頂きました(笑)。
xmas market crepe寒い時に食べるクレープがこんなに美味しいとは知りませんでした。シンプルなクレープは充分美味しいです。

出店の種類は豊富でおもちゃ屋さんや手袋など冬の装飾品を取り扱うお店やサラミやハチミツ、にんにく専門店などお土産に良さそうなお店もありました。
食べ物系は味見をさせてくれるのでサラミやハチミツ、謎のフランスの砂糖菓子など試食しました。
xmas marketなかでもサラミとハチミツは絶品でお土産に最適です。サラミは買うと紙袋にダイレクトに入れてくれるので、自分で包む必要がありますが(笑)
フランスの砂糖菓子は不思議は味がしていい体験でした。

ビアホールもありビールやホットワインなどのお酒が売っていました。 ジャーマンポテトなどお酒のつまみになりそうなものも売っており大混雑でした。他にもDJや生演奏をしているスペースもありどちらも混雑していました。
お酒には人が集まりますね。

続いてチョコバナナのようなものを発見したので近づくとワッフルでした。
xmas market屋台のワッフルって感じで食べたくなったので食べます。
トッピングにチョコとマシュマロをつけました。
xmas marketかわいいワッフルに満足です。

アトラクションも多く、スケート場や回るクリスマスツリー、観覧車などの乗り物もありました。
xmas marketサンタさんもクリスマスマーケット中どこかにいるとかいないとか。

少し歩くと寒いので、すぐに何か温かいものが食べたくなります。
ということでまたしてもベルギーワッフル。
なんでこんなに甘いものばかり食べているんだろうとは思いつつも誘惑に負けて購入。
xmas marketワッフルに溶かした砂糖(カラメル)がコーティングされていてカリカリとしたワッフルでした。またチョコをトッピングしてしまいましたが、チョコがなくても充分な美味しさでした。

夜も遅くなり、少し空いてきたのでお酒を頂きました。
Jenever(イェネーバ)というオランダとベルギーで有名なお酒(ダッチジン)です。

xmas marketその中のCuberdonというこの街ゲントで有名なお菓子の味があったのでいただきました。すっきりとした甘さが美味すぎました。





クリスマスマーケット情報

参考サイト:Visit Gent Christmas Market
開催期間;2018年12月7日から2019年1月6日まで
クリスマスマーケット開催場所(聖ニコラス教会、Historical City Centre一帯)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です